カテゴリー「★★★  285 作」の285件の投稿

おかあさん ★★★ Okâsan (1952)

jmdb
goo映画
みんなのシネマレビュー

Ca3c5388

日本映画専門チャンネル 全国の小学生の作文から着想を得た水木洋子のオリ ジナルシナリオを映画化した家庭劇で、成瀬最高作との呼び声も高い名作。

福原正子(田中)は、戦災で焼け出された家業のクリーニング店を夫(三島)と長女 (香川)とともにふたたび軌道に乗せるが、そんな矢先に夫に先立たれ、長男も病気で亡くす。

正子は女手ひとつで店を切り盛りするが、様々な障害に阻まれて しまう…。様々な不幸に遭いながらも健気に生きる母親とそれを見つめる娘を繊細に描き、以下略


Ca3c5389 Ca3c5390 Ca3c5391 Ca3c5392 Ca3c5393 Ca3c5394 Ca3c5395 Ca3c5396 Ca3c5397 Ca3c5398 Ca3c5399 Ca3c5400 Ca3c5401 Ca3c5402 Ca3c5403 Ca3c5404 Ca3c5405 Ca3c5407 Ca3c5406_2

香川京子出演作品

腰抜け二刀流 ★★  (1950)
銀座化粧 ★★  (1951)
朝の波紋 ★  (1952)
おかあさん ★★★  (1952)
近松物語 ★★  (1954)
鉄火奉行 ★  (1954)
慈悲心鳥 ★ (1954)
王将一代 ★  (1955)
驟雨 ★★ (1956)
何故彼女等はそうなったか ★ (1956)
猫と庄造と二人のをんな ★★  (1956)
大阪物語 ★★★  (1957)
どん底 ★★★  (1957)
地上 ★  (1957)
東京の休日 ★  (1958)
杏っ子 ★★  (1958)
かげろう笠 ★★  (1959)
天国と地獄 ★★★  (1963)
赤ひげ ★★ Akahige (1965)
まあだだよ ★★ Madadayo (1993)

メモ 田中絹代と加東大介が良い。香川京子はこういう役はぴたりだ。脇をしめる中北千枝子や岡田英次、沢村貞子も良い。

最後の画像の三好栄子の出演作はすごい。新劇時の艶姿を見たいので書籍「キネマの美女」を繙いたが85pの石堂淑郎の撮影思い出話のみ。Google画像検索でも全く見つからず。

あらすじ(goo映画)

戦災で焼け出された洗濯屋の福原一家は、父(三島雅夫)が工場の守衛、母(田中絹代)は露店の飴売り、娘の年子(香川京子)はキャンディ売りに精を出したおかげで、やっと元のクリーニング屋を 開くことができた。

長男の進
(片山明彦 画像1枚目)は母に会いたい一心から病気の身で療養所を逃げ出してきたために死んでしまったが、店は父(三島雅夫)の弟子であるシベリア帰りの木村のお じさん(加東大介)が手伝ってくれることになり、順調なスタートを切った。

年子が近所のパン屋の息子信二郎
(岡田英次)と仲良しになった頃、病気で寝ていた父(三島雅夫)が死んだ。母は娘二人 と引き揚げ者の甥哲夫を抱え、木村の手ほどきを受けながら女手一つで馴れない店を切り回すことになった。

木村と母の間についてあらぬ噂が立っていることを 信二郎から聞いた年子
(香川京子)は、娘心に思い悩んだが、妹の久子を他家に嫁(? 養女ではないか?)にやる話まで出るようになると、女の腕のかよわさをしみじみと悟らざるを得なかった。

事 実久子はもらわれていき、哲夫もやっと一人前の美容師になった母親
(中北千枝子 田中絹代の妹役)の元に戻されることに決まって、一家は最後の楽しいピクニックに出かけた。

やっと母も一 人立ちできるようになり、木村
(加東大介)は自分で店を出すために去っていった。母一人娘一人残った福原家では、新しい小僧も迎え、ようやく将来への安定した希望も湧 いてきたのだったが-- 以下略

| | トラックバック (0)

戦国野郎 ★★★ Sengoku yarou (1963)

jmdb
goo映画
DISCAS
みんなのシネマレビュー

監督:岡本喜八
出演者:加山雄三、 佐藤允、 星由里子、 水野久美
収録時間:98分
レンタル開始日:2006-11-28

Story
加山雄三主演、岡本喜八監督初の忍者アクション時代劇。永禄4年。越知吉丹は武田信玄の非人間振りに愛想をつかし、脱走して抜け忍となる。道中出会った播磨と道行きを共にする中で、300丁の種子島銃を巡る馬借軍団や忍者の戦いに身を投じていく。 (詳細はこちら

Ca3c5357 Ca3c5358 Ca3c5359 Ca3c5360 Ca3c5361


Ca3c5362 Ca3c5363 Ca3c5364 Ca3c5365 Ca3c5366 Ca3c5367 Ca3c5368 Ca3c5369 Ca3c5370 Ca3c5371

メモ 若大将シリーズの面々+独立愚連隊シリーズの面々で楽しい映画だ。星由里子は若大将シリーズよりも本作の方がずっと魅力的だ。中谷一郎、佐藤充、中丸忠雄が良い。水野久美

あらすじ(goo映画)

時は戦国、武田勢の冷酷無残な仕打ちに愛想をつかした若き忍者越智吉丹加山雄三は、一国一城の主の夢を抱き、諸国をさまよったが、この吉丹を、武田随一の忍者の雀 の三郎左中丸忠雄がつけ狙っていた。

三郎左中丸忠雄とは別に吉丹を狙っていた銅子播磨中谷一郎と吉丹は、ふとめぐりあった山猿のような田舎武士佐藤允にすすめられ、馬借隊の群に身をかく すこととなった。

馬借隊とは、有吉宗介田崎潤を隊長に、お磯ことさぎり星由里子が指揮し、米や塩をはこぶことを職業としていた。この馬借隊に当時の最新式武器“種ケ島" の運搬をたのみに来たのが例の田舎武士、実は織田家の家臣木下藤吉郎佐藤允だった。

藤吉郎のたくみな弁説に有吉の一党はこの運搬をひきうけた。また藤吉郎は村上 水軍の参謀百蔵と滝姫水野久美を口説きおとしてこれまた運搬をやくそくさせた。

種ケ島が運び込まれた日、村上水軍の船に武田の忍者が襲いかかったが、荷のネタバレ禁止だった。一方、有吉の一党も荷をつんで出発した。

これを追う武田の忍者たち、そして更にだまされたと知ってこれを追った村上水軍たち。随所ではげしい 戦いが展開され、ついに武田の忍者のため全滅しようという時、蜂須賀小六をひきいた藤吉郎佐藤允が現われた。

そして荷の中-- ネタバレ禁止 --いう。これを知った吉丹加山雄三は藤吉郎のとめるのも聞かず、 以下略

 

| | トラックバック (0)

トウキョウソナタ ★★★ Tôkyô sonata (2008)

goo映画
DISCAS
みんなのシネマレビュー

監督:黒沢清
出演者:香川照之、 小泉今日子、 小柳友、 井之脇海
収録時間:119分
レンタル開始日:2009-04-24

Story
鬼才・黒沢清監督が、香川照之や小泉今日子ほか共演で手掛けた家族ドラマ。リストラされた父、ドーナツを作っても食べてもらえない母、米軍に入隊する兄、こっそりピアノを習う弟。ちぐはぐな4人家族が、紆余曲折を経て一筋の光明を見出すまでを紡ぐ。
(C)2008 Fortissimo Films/「TOKYO SONATA」製作委員会 (詳細はこちら

Ca3c5118_2 Ca3c5119_2 Ca3c5120 Ca3c5121 Ca3c5122 Ca3c5123 Ca3c5124 Ca3c5125 Ca3c5126 Ca3c5127 Ca3c5128 Ca3c5129 Ca3c5130 Ca3c5131 Ca3c5132 Ca3c5133 Ca3c5134 Ca3c5135 Ca3c5136 Ca3c5137 Ca3c5138

メモ 良い役者を揃えているが、この面白さは脚本がすぐれているのだろう。

あらすじ(goo映画)

健康機器メーカー、総務課長として働く佐々木竜平は、人事部に呼び出され、リストラを宣告される。

突然の出来事に、呆然としたまま帰宅するが妻、恵にリストラされたことを言い出せなかった。夕食時、小学校6年生で次男の健二はピアノを習いたいと言い出すが、竜平は反対。

翌日から、会社に行くフリをして、毎日ハローワークへ通っていた。

ある日、大学生の長男・貴が、世界平和のためにアメリカの軍隊に入りたいと言い出す…。

| | トラックバック (0)

道 ★★★ La strada (1954)

IMDb
goo映画

Mv5bmtm5odiynzyzov5bml5banbnxkftztc

旅回りの道化師と一人の女をめぐって人生の哀歓をつく、五四年ヴェニス国際映画祭サン・マルコ銀獅子賞、五六年ニューヨーク映画批評家協会最優秀外国映画、五六年アカデミー最優秀外国映画賞各受賞の話題作。

Ca3c1896 Ca3c1895

Ca3c1897

Ca3c1898 Ca3c1899 Ca3c1900 Ca3c1901 Ca3c1902 Ca3c1903

メモ 本作では「祭り」によるカタルシスはない。不治の寝たきり少年を訪ねるところは記憶に残る。

あらすじ(goo映画)

貧しい上に少々足りない娘ジェルソミーナ(ジュリエッタ・マシーナ)は、オートバイで旅まわりをする曲芸師ザンパノー(アンソニー・クイン)の助手となって旅に出た。

ザンパノーの呼びものは、胸の力で鎖を切ること、それに疑い深く、狡猾と欲情にこりかたまった男である。彼はさっそく暴力によってジェルソミーナを妻にし、金ができれば他の女を追いかけまわしている。

ジェルソミーナのやさしい心も彼には通じない。脱走してもつかまってしまう。ちょうどその頃、二人は小さな曲馬団に参加した。

ところが、その一団にいる若い綱渡り--人々から「キ印」と呼ばれている青年(R・ベイスハート)が、ことごとにザンパノーをからかい、彼が怒るのを見て手をたたく。

本能的に、彼はザンパノーが気にくわないのだ。しかしジェルソミーナは、「キ印」がひくヴァイオリンの哀しいメロディに引きつけられ、彼と親しく口をきくようになる。

「キ印」は彼女に、この世のどんなつまらないものでも、役に立つ時があるのだ、と語った。頭の足りないジェルソミーナも、この言葉には胸をうたれた。自分の運命はザンパノーと共にある。

「キ印」とけんかし、再び旅に出たザンパノーについて、彼女も苦しい日々を送りつづける。ところがある日、途上でザンパノーと「キ印」は顔をあわせた。そしてザンパノーは、怒りのあまり「キ印」を殺してしまった。

誰も見てはいない。ザンパノーのオートバイは旅から旅へと逃避行をつづける。しかしこの事件はジェルソミーナに大きな打撃を与えた。昼も夜も泣き通しである。

遂にもてあましたザンパノーは、雪の埋った山道に、彼女を棄てて去った。それから数年後、年老いたザンパノーは、ある海辺の町で、ジェルソミーナが好んで歌った「キ印」のヴァイオリンのメロディをきいた。

聞けば、四、五年前この町で病死した気違い娘が、いつもこのメロディを聞かせていたという。その夜、酒に酔ったザンパノーは、海浜に出て 以下略

| | トラックバック (0)

ハンサムスーツ ★★★☆ Hansamu sûtsu (2008)

goo映画
DISCAS
みんなのシネマレビュー

監督:英勉

出演者:谷原章介、 塚地武雅(ドランクドラゴン)、 北川景子、佐田真由美
収録時間:115分
レンタル開始日:2009 -03-13

Story
着るだけでハンサムになれるスーツを手に入れた心優しいブサイク男の顛末を描いたコメディ。“ハンサム・スーツ”を手に入れた、定食屋を営む琢郎は、ハンサムに変身した途端に瞬く間に人気カリスマモデルとなるが…。谷原章介、塚地武雅主演。 (詳細はこちら

Ca3c1745Ca3c1746 Ca3c1747

Ca3c1768


Ca3c1770 Ca3c1769 Ca3c1767 Ca3c1766 Ca3c1765 Ca3c1764 Ca3c1763 Ca3c1762 Ca3c1761 Ca3c1760 Ca3c1759 Ca3c1758 Ca3c1757 Ca3c1756 Ca3c1755 Ca3c1754 Ca3c1753 Ca3c1752_2 Ca3c1751_2 Ca3c1750 Ca3c1749 Ca3c1748

メモ チャンネルNECO 主役の二人や脇役も良いが、ヒロインが可愛らしい。

追記 テレビ放映にて再見した。監督(はなぶさ つとむ、1968年 - )は今後の作品が楽しみだ。てっきりコマーシャルの監督出身かと思った。派手な原色の使い方が中島哲也監督を連想させる。

脚本も良い。

 

あらすじ(goo映画)

母親の残した定食屋を継いだ琢郎は、ブサイクだが料理の腕前は天下一品の優しい男。これまで数々の女性に告白してはフラれ続けてきたが、心優しい美女、寛子がバイトに来るようになってから、琢郎の生活は変わった。

しかし、寛子にもあっけなくフラれた琢郎は、自分がモテないのはブサイクなルックスのせいだとひどく落ち込む。そんな時、立ち寄った洋品店で、着るとハンサムになれる“ハンサム・スーツ”を勧められる。

| | トラックバック (0)

恋人たちの食卓 ★★★ Yin shi nan nu / Eat Drink Man Woman (1994)

IMDb
goo映画
DISCAS
みんなのシネマレビュー

監督:アン・リー
出演者:ロン・ション、 ヤン・クイメイ、 ワン・ユーウェン、 シルヴィア・チャン
収録時間:124分
レンタル開始日:2006-09-22

Story
アン・リー監督による“食欲と性欲”をテーマにしたホームドラマ。人間の根源的な欲望を通して家族や人間関係を描く。元料理人の父を持つチュ一家には、日曜日に家族全員で晩餐会を行う習慣があった。3人の娘たちは渋々参加していたが…。 (詳細はこちら

Ca3c1675_2 Ca3c1676 Ca3c1677 Ca3c1678 Ca3c1679 Ca3c1680 Ca3c1681 Ca3c1682 Ca3c1683 Ca3c1684 Ca3c1685 Ca3c1686 Ca3c1687 Ca3c1688 Ca3c1689 Ca3c1690 Ca3c1691 Ca3c1692 Ca3c1693 Ca3c1694 Ca3c1695 Ca3c1696 Ca3c1697 Ca3c1698

 メモ 料理に圧倒される。日本料理だとこういう迫力は出ない。次女役の「Wu Chien Lien 呉倩蓮 ウー・チェンリン」は池上季実子と似ている。

あらすじ(goo映画)

台北。一流ホテルの名シェフだったチュ氏(郎雄)は、男手一つで3人の娘を育ててきた。長女のチアジェン(楊貴媚)は高校の教師、次女のチアチエン(呉倩 蓮)は、航空会社に勤めるキャリア・ガール、三女のチアニン(王渝文)は、アルバイトに忙しい大学生。

日曜日には家族全員が集まり、豪華な特製料理を囲む のが一家の習慣だったが、娘たちはこの晩餐が重荷で、ある日曜日、味にうるさい次女は父の味覚が衰えたと非難する。コックになりたかった彼女は、父に女に は無理と道を絶たれたことを今でも恨んでいた。

そんな折、小学生の娘と二人暮らしの隣人・チンロン(張艾嘉)の母で、未亡人のリャンおばさん(歸亞蕾)が 米国から帰国。父のよい話相手になるのではと期待する三姉妹にも恋の季節がやってくる。

差出人不明のラヴレターに、長女は新任のバレーボールのコーチ、ミ ンタオ(盧金城)からだと胸をときめかす。次女は本社から来たエリート社員のリーカイ(ウィンストン・チャオ)にひかれる。三女はボーイフレンドのクオル ン(陳昭榮)とデートする。

日曜日の晩餐の席で三女は「子供ができた。彼と暮らすわ」と爆弾発言、さっさと家を出た。一方次女はリーカイを大学時代に姉を ふった男だと疑うが、それは姉の妄想だった。

混乱した彼女は年来の恋人の元を訪れるが、彼には別の女がいた。件の長女のラヴレターは生徒のいたずらと分か り、悔しくて泣きじゃくる彼女をミンタオが優しく慰める。次の日曜日の晩餐、長女は「ミンタオと今朝、教会で結婚した」と告げ、彼女も家を出て行った。

数 週間後の日曜日。娘たちと夫たち、チンロンとリャンおばさんも招いての晩餐会で、今度は父が「チンロンと結婚する」と爆弾発言。さらに数カ月後の日曜日。 近いうちにアムステルダムヘ支社長として旅立つ次女が、晩餐の準備をしている。次女のスープを口にして、 以下略

| | トラックバック (0)

ビッグ・ビジネス ★★★ Big Business (1988)

IMDb  
goo映画
DISCAS
みんなのシネマレビュー

監督:ジム・エイブラハムズ
出演者:ベット・ミドラー、 リリー・トムリン、 フレッド・ウォード、 エドワード・ハーマン
収録時間:98分
レンタル開始日:2005-09-07

Story
ふとしたことから財閥の令嬢と田舎娘に取り違えられてしまった二組の双子の再会を描くコメディ。運命のいたずらによって、すれ違いのドタバタドラマが展開していく。『殺したい女』のジム・エイブラハムズ監督作。 (詳細はこちら

メモ ベッド・ミドラーが面白い。最後近くの本人ご対面がうまい。

あらすじ(goo映画)

ケンタッキーの田舎町ジュピター・ホロウで、ある日ニューヨークの大金持シェルトン夫人と、村の農家ラトリフ夫人が同じ時刻に、それぞれ双子を出産する。 1度に4人の新生児誕生に町の病院は大混乱、慌てた看護婦のとんでもないミスから双子の1人が入れ替わってしまうのだった。

それから30年。ニューヨークのモラマックス社の凄腕会長セイディ・シェルトン(ベット・ミドラー)の双子の妹ローズ・シェルトン(リリー・トムリン)は、なぜかビジネス嫌いの不肖の妹。しかしセディの積極的経営でぐんぐん成長してゆくモラマックス社は、遂にジュピター・ホロウの小会社、ホロウメイドの買収にまで及ぶが、

これを許せないのは村で育ち、年に1度の“収穫祭"でも村一番の人気者である積極的なセイディ・ラトリフ(ベッド・ミドラ)で、彼女は妹のローズ・ラトリフ(リリー・トムリン)とともに、反対運動の旗頭としてニューヨークに乗り込んでくる。

右も左も分からないニューヨークで興奮気味の姉妹の前に、モラマックス社の商談相手ファビオ(ミシェル・プラシド)のリムジンが止まり、2人をプラザ・ホテルヘ案内してしまったところから事の混乱が始まる。一方のシェルトン姉妹は、迎えのリムジンが来ないと立腹しつつもホテルに到着。

やがてケンタッキーからやってきたセイディの恋人ルーン(フレッド・ウォード)やホテルマンを巻き込んで、30年前に取り違えられた2組の双子は大混乱を引き起こす。そしてラトリフ姉妹は、モラマックス社のジュピター・ホロウ進出阻止を何とか成功 以下略

| | トラックバック (0)

風雲将棋谷 ★★★ Fûun Shôgidani (1955)

jmdb
goo映画
DISCASなし。ぽすれんなし。
Ca330209

goo映画解説 角田喜久雄の同名の小説から「隼の魔王」と同じく比佐芳武、松田定次、川崎新太郎が、夫夫脚本、監督、撮影に当る。

Ca330320

Ca330321

Ca330322

Ca330323

Ca330324

Ca330325

Ca330326

Ca330327

Ca330328

Ca330329

Ca330330

Ca330331

Ca330332

Ca330333

Ca330334

Ca330335

Ca330336

Ca330337

Ca330338

Ca330339

Ca330340

Ca330341

Ca330342

Ca330343

メモ BS2の衛星映画劇場。

蠍道人や団徳麿という難しい名前のことは色川武大エッセイで読んだ。

本作は片岡千恵蔵かと思ったら市川右太衛 門が主役だった。さそり道人は薄田研二が演じている。

忠臣蔵映画で見ているはずだがわからない。

本作は三島雅夫の和尚と、横山エンタツの右太衛門配下が良 いのと、ラストの展開が「駅馬車★★★☆」を連想させて、無理がないのを評価したい。

喜多川千鶴はなかなか魅力的だ。


あらすじ(goo映画)

江戸にはさそりを使って娘をさらうさそり道人唐島宙斎と侠盗流れ星が出没していた。北町奉行所の岡ッ引仏の仁吉は、さみだれ縄の名手お絹と宙斎を、南奉行所の岡ッ引兼三は流れ星を追っていた。

お絹は度々雨太郎に危険から救われたが、彼が流れ星とは知らなかった。宙斎一味はからくり御殿に隠れ、朱実という娘を探していた。呉服商の上州屋は娘お加世の警戒を仁吉に頼んだが、婚礼の夜に行方不明となり、お絹がお加世の死体を発見した。

死体の傍の旅日記をお絹が取った時、男が現れ奪い合い、半分がお絹の手に残った。お絹はその男と連れの娘を追った。お絹を留守に訪れた雨太郎は日記を見付け隠れ家の西念寺に持ち帰った。

日記には信濃の将棋谷に平家の末流の住む秘境があり多くの財宝を持ち、首長となるべき雪太郎は三歳の時姿を消し、彼を探しに許婚朱実が江戸へ行ったと記してあった。お絹の追った娘こそ朱実で、宙斎は財宝目当てに彼女を探していたのだ。

雪太郎は左の腕の五つの黒子が目印で、お絹は雨太郎が流れ星であり目印の黒子があるのを知った。朱実が宙斎に捕えられ、仁吉と雨太郎が駈けつけ救ったが、仁吉は宙斎に殺された。

朱実は再び宙斎に捕われ、お絹は雨太郎と駈けつけたが、秘境を守る様に頼んで朱実は死んだ。宙斎一味は秘境へ向ったが、先廻りした雨太郎とお絹に滅ぼされ、父殺しの真相を知ったお絹は雨太郎の 以下略

| | トラックバック (0)

岸和田少年愚連隊 カオルちゃん最強伝説 女番哀歌 スケバンエレジィ ★★★ Kishiwada shônen gurentai: (2007)

goo映画
DISCAS

監督:宮坂武志
出演者:竹内力、 山口祥行、 遠藤憲一、 桜塚やっくん
収録時間:86分
レンタル開始日:2007-08-24

Story
中場利一原作、竹内力主演による人気シリーズ最新作。日本全国高校総番長のカオルは、宿命のライバル・四万十との決闘に行く途中で、キョウコ率いるスケバングループに絡まれる。人気芸人・桜塚やっくんが“スケバン恐子”そのままの役柄で登場。 (詳細はこちら

Ca339511

Ca339512

Ca339605

Ca339606

Ca339607

Ca339609

Ca339610

Ca339611

Ca339612

Ca339613

Ca339614

Ca339615

Ca339616

Ca339617

Ca339618

Ca339619

Ca339620

Ca339621

Ca339622

Ca339623

Ca339624

Ca339625

Ca339626

Ca339627

Ca339628

Ca339629

Ca339630

Ca339631

Ca339632

Ca339633

Ca339634

Ca339635

Ca339636

Ca339637

Ca339638

Ca339640

Ca339641

Ca339642

Ca339643

Ca339644

Ca339645

Ca339646

Ca339647

Ca339648

Ca339649

Ca339650

Ca339651


カオルちゃん最強伝説シリーズ


岸和田少年愚連隊 カオルちゃん最強伝説 Episode1 (2001) 

岸和田少年愚連隊 カオルちゃん最強伝説 Episode2 ロシアより愛を込めて (2002) 
岸和田少年愚連隊 カオルちゃん最強伝説 Episode Final スタンド・バイ・ミー (2002)
岸和田少年愚連隊 カオルちゃん最強伝説 番長足球 (2003)
岸和田少年愚連隊 カオルちゃん最強伝説 妖怪地獄 (2004)
岸和田少年愚連隊 カオルちゃん最強伝説 マレーの虎 (2005)
岸和田少年愚連隊 カオルちゃん最強伝説 女番哀歌 (2007) ★★★ イチオシ
岸和田少年愚連隊 カオルちゃん最強伝説 中華街のロミオとジュリエット (2007)

メモ チャンネルNECO。本作は今まで見たカオルちゃん最強伝説シリーズの中で飛び抜けて面白かった。ヒロイン女番長役が意外に可愛らしいのと、山口祥行があこがれるマドンナの扱いも良い。「地獄で仏」のキャッチフレーズには笑った。

全国女番長の地方キャッチフレーズはつらかった。花沢組の創設動機が実はというのはもうひとつ。遠藤憲一もこれではやりようがない。映像は「中華街のロミオとジュリエット」にも使われていた。

本作が面白かったのは、今まで見てきてレギュラー出演者の役割がわかってきたからか。本作では田口トモロヲは出ていなかった。脚本が優れていると思う。

「風と共に去りぬ」に似せた、著作権にひっかからないように配慮した音楽は今ひとつだったが、竹内力をクラークゲーブルになぞらえるのは良かった。監督や脚本が本作だけ違うのかと思ったが、監督「宮坂武志 」 脚本「友松直之 」はシリーズ共通だ。

 


goo映画
 アクションあり、笑いありのエンターテイメント作品「岸和田愚連隊」シリーズにスケバン恐子が登場!喧嘩では負け知らずの男一匹 村山カオルと日本全国スケバン軍団の壮絶な闘いが始まる!竹内力、桜塚やっくん、亜沙美ほか出演。

| | トラックバック (0)

警察日記 ★★★ Keisatsu nikki (1955)

jmdb
goo映画
DISCAS

監督:久松静児
出演者:森繁久彌、 二木てるみ、 三島雅夫、 三國連太郎
収録時間:111分
レンタル開始日:2005-05-21

Story
人情劇、サスペンス、コメディ、時代劇などあらゆるジャンルで活躍してきた全能役者・森繁久彌主演による傑作人情劇。会津磐梯山麓の小さな町。そこで貧しくとも懸命に生きる庶民の姿を、さまざまなエピソードを盛り込んで感動的に描く。 (詳細はこちら

Ca339344

Ca339397

Ca339398

Ca339399

Ca339400

Ca339401

Ca339402

Ca339403

Ca339404

Ca339405

Ca339406

Ca339407

Ca339408

Ca339409

Ca339410
Ca339411

Ca339412

Ca339413

Ca339414

Ca339415

Ca339416

Ca339417

Ca339418

Ca339419

Ca339420

Ca339421

Ca339422

Ca339423

Ca339424

Ca339425

Ca339426

Ca339427

Ca339428

Ca339429

Ca339430

Ca339431

Ca339432

Ca339433

Ca339434

森繁久彌出演作品

腰抜け二刀流 ★★ (1950)
三等重役 ★★  (1952)
次郎長三国志 第二部 次郎長初旅 ★★★ (1953)
次郎長三国志 第八部 海道一の暴れん坊 ★★  (1954)
警察日記 ★★★  (1955)
夫婦善哉 ★★★★  (1955)
神阪四郎の犯罪 ★★★  (1956)
猫と庄造と二人のをんな ★★  (1956)
恋は異なもの味なもの ★★  (1958)
駅前旅館 ★★  (1958)
路傍の石 ★ (1960)
小早川家の秋 ★★ (1961)
恍惚の人 ★★  (1973)

メモ DVDレンタル(楽天レンタル無料体験)。2chで、「最高に泣ける映画だ」との評があり、借りてみた。「名もなく貧しく美しく★★」よりもさらに泣きに徹した映画だった。希望や笑いでバランスをとる気が少ない脚本だ。

千石規子の貧しさの泣かせは、一応夫と再会すると救いを持たせているが、子供二人との生き別れの話は、どうにも救いが無い。

三國連太郎はハンサムだ。金持ちのじいさんの所に嫁入りするというのも、別に悪くはないのではないか。他に好きな人はいないように描かれているし。

泣かせが好きな自分としては、難病や死を扱って泣かせてはいないのは評価するが、親子の情と、貧乏、生き別れというのを使わずに泣かせることは可能なのか気になる。


あらすじ(goo映画)

東北地方の田舎町の警察署。署には頑固な石割署長、金子主任、赤沼主任、人情家の吉井巡査、純情な花川巡査、剣道自慢の署長の相手役藪田巡査、倉持巡査等がいる。

刑事部屋は毎日様々の人で大にぎわいで、今も窃盗容疑の桃代、神社荒しの容疑者お人好の岩太が取調べを受けている。駅前では戦争で子供達を失くしてから頭の変な村田老人が交通整理中である。

ある日吉井巡査は六つ位のユキコと赤ん坊の姉弟の捨子を発見した。預ける所もないので、赤ん坊は料亭の内儀ヒデが、ユキコは自分が引きとった。花川巡査はもぐり周旋屋杉田モヨに身売りされかけた二田アヤを保護したがアヤはお金のためにまた町を抜け出そうとしたので、彼は給料をさいてお金をやった。

モヨは人身売買の件で検挙されたが平然としていた。セイと息子の竹雄が万引で捕って来たが彼女は亭主に逃げられたのだった。通産大臣が帰郷し、町長や署長等役人は大騒ぎであった。

交通安全週間中だというのに大臣一行の傍若無人な振舞に町の人々は唖然とした。その夜母親シズが二人を引き取りに署へ来たが子供達が幸せと知ると安心し子供の顔を一目見て東京へ去った。

セイと竹雄が無銭飲食で挙げられ、セイの夫重四郎も取調べをうけていたが、金子主任にさとされ一緒に帰って行った。花川巡査はアヤから手紙を受け取ったが、中には彼に返す為のお金と真赤な紅葉が 以下略

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧