« 歌麿をめぐる五人の女 ★★ Utamaro wo meguru gonin no onna (1959) | トップページ | Keiko ケイコ ★ Keiko (1979) »

郷愁 ★ Kyôshû (1988)

jmdb
goo映画
DISCAS

監督:中島丈博
出演者:西川弘志、 小牧彩里、 吉行和子、 津川雅彦
収録時間:115分
レンタル開始日:2007-02-06

Story
88年に公開された『牡丹と薔薇』の中島丈博の記念すべき第1回監督作。昭和28年の高知県、四万十川流域を舞台に、ひとりの青年のみずみずしい青春と、大人への成長を爽やかに描く。吉行和子、津川雅彦など今や日本を代表する大物俳優たちが出演。 (詳細はこちら

Ca331670

Ca331671

Ca331672

Ca331674

Ca331675

Ca331676

Ca331677

Ca331678

Ca331679


Ca331680

メモ 字幕なし。姉弟の愛情というか人情物語か。芸術家の画家の放蕩の父親を津川雅彦が演じている。火宅の人と同じテーマなんだろうが、そこには悩みはなさそうだ。ヒロインにあまり魅力を感じない。

あらすじ(goo映画)

昭和28年、高知・土佐のある田舎町。住男の一家は数年前に京都から移り住んできた。しかし、売れない画家である父は家を出て料理屋の女主人と同棲、生計は姉・泰子の働きによって立てられていた。

小さな田舎町で泰子の理知的な美しさは人の目を引いたが、住男にとっても自慢の姉であった。

初夏、泰子は住男の担任である平尾と知り合い親しくなった。8月に平尾は家庭訪問に来たとき「泰子さんを下さい」と切り出したが、あまりの唐突な話に母は怒り、住男にはどうしたらよいかわからなかった。

その頃、注男の同級生である不二雄が事故死した。平尾は教育への熱意をもって東京からやって来たが、結婚を断わられたショックと教え子の死の責任を感じて、以前とは別人のように酒を飲み荒れるのだった。

泰子の平尾に対する思いも醒め、いつしかバスの運転手・町田と付き合うようになった。家計が苦しくなり、泰子は厚化粧をして夜の勤めにも出るようになった。住男はそんな姉が気がかりでならない。

ある日母の使いで父を訪ねた住男は思いがけず父を囲むもう一つの家族の団欒を見て、こづかいをひったくり父を罵って家を飛び出した。

そんなとき泰子は町田の運転するバスの中で車掌と口論になり、事故を引き起こしてしまう。そして、泰子は家を出る決心をし、翌朝、住男に見送られながらバスに 以下略

|

« 歌麿をめぐる五人の女 ★★ Utamaro wo meguru gonin no onna (1959) | トップページ | Keiko ケイコ ★ Keiko (1979) »

★     711 作」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202795/42686635

この記事へのトラックバック一覧です: 郷愁 ★ Kyôshû (1988):

« 歌麿をめぐる五人の女 ★★ Utamaro wo meguru gonin no onna (1959) | トップページ | Keiko ケイコ ★ Keiko (1979) »