« ぽすれんなし。 ぽすれんに在庫がなく、DISCASにあるタイトル | トップページ | 駅 STATION ★★ Eki Station (1981) »

大学の若大将 ★★ Daigaku no wakadaishô (1961)

jmdb
goo映画
DISCAS
みんなのシネマレビュー

監督:杉江敏男
出演者:加山雄三、 星由里子、 田中邦衛、 団令子
収録時間:82分
レンタル開始日:2006-08-04

Story
加山雄三を“永遠の若大将”として世に知らしめた青春ドラマシリーズの第1弾。若大将こと田沼雄一は水泳部と軽音楽部を掛け持ちし、ふとしたことから水泳大会に出場することになる。 (詳細はこちら

メモ 日本語字幕あり。楽しい映画ではあるが、シリーズを全部観ようという気にはならない。モデルは慶應大学と思われる。帰ってきた若大将は借りても良い。団令子は植木等映画でも美しいとは思わなかった。そういうキャラクターではないのだろう。

田中邦衛の歯並びの悪いのはクドカンを連想させる。二人が共演する福耳という映画もあったか。結構まじめに星由里子にせまっていたが、シリーズの基本か。有島一郎は特に面白くない。

Ca331190

Ca331191

Ca331193

Ca331194

Ca331195

Ca331196

Ca331189


あらすじ(goo映画)

京南大学水泳部の田沼雄一は、明治時代からの歴史を誇るすきやき屋「田能久」の若旦郡である。

父久太郎は昔気質の頑固者で、最近は商売仇のステーキハウス「黒馬車」がぐんぐんのしてくるので機嫌が悪い。おまけに雄一が黒馬車で歌手のはるみと仲良く歌っているとあってカンカンに怒った。

そんな時、祖母のりきがいつも雄一の味方となって父と子の仲を円くおさめていた。

水泳部主催のパーティの日。雄一は同級生の団野京子や、はるみとばかり踊るので石山製菓のキャンデー・ガール中里澄子は面白くない。

その夜、雄一は店の肉を持ち出して部員達にオゴってしまったためとうとう久太郎に勘当されてしまった。

雄一は夏季休暇をさいわいに、芦ノ湖へアルバイトに出かけた。親友多湖もアルバイトでデパート会社の社長野村家の別荘の管理人をしていた。

雄一は、ボート小屋に泊りこみ、ボートの貸し出しと看視人をやっていた。澄子も出張で「ビーチハウス」に来ており、はるみも湖畔ホテルで歌っていた。

石山製菓社長のドラ息子で、雄一の同級生石山新次郎は澄子に惚れていて、澄子をヨットに誘った。ヨットの中で新次郎が澄子にケシカラン振舞いに出た時、雄一が澄子を救った。

雄一は自分が本当に愛しているのは澄子だとその時悟った。カラリと晴れたある日、雄一は転覆したボートから野村父子を救った。

夏休みが終り、水泳部の合宿が始ったある日、野村社長より娘の千枝子を貰ってくれるよう雄一はいわれた。

多湖が千枝子を愛していることを知った雄一は、見合いの劇場に多湖を連れて行き、野村社長に千枝さんの相手にふさわしい人はこの人ですといって多湖を紹介した。

そんなことを知らない澄子は大むくれである。そんな澄子に新次郎が言い寄った。澄子を乗せた新次郎の車は、通りがかりのりきをはねとばした。

雄一の輸血でりきは危機を脱した。そして、澄子の誤解もとけた。雄一は急いで、対抗戦の 以下略

|

« ぽすれんなし。 ぽすれんに在庫がなく、DISCASにあるタイトル | トップページ | 駅 STATION ★★ Eki Station (1981) »

★★   1640 作」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202795/42312093

この記事へのトラックバック一覧です: 大学の若大将 ★★ Daigaku no wakadaishô (1961):

« ぽすれんなし。 ぽすれんに在庫がなく、DISCASにあるタイトル | トップページ | 駅 STATION ★★ Eki Station (1981) »