« 娘・妻・母 ★★★ Musume tsuma haha (1960) | トップページ | ★★★★★ 題名一覧 15作 »

人間魚雷 あゝ回天特別攻撃隊 ★★ Ah kaiten tokubetsu kogetikai (1968)

IMDb
goo映画
DISCAS

監督:小沢茂弘
出演者:鶴田浩二、 松方弘樹、 伊丹十三、 梅宮辰夫
収録時間:104分
レンタル開始日:2005-07-08

Story
毎日新聞社による「人間魚雷回天特別攻撃隊員の手記」を、小沢茂弘監督が映画化。特殊潜航艇甲標的の基地に赴任した三島は、同室の大里が敗色が強い戦法を打開するため、魚雷に人間が乗り込んで敵艦に体当りするという構想を描いていることを知る。 (詳細はこちら

メモ 伊丹十三は実質3番目のキャストだ。鶴田浩二が強風の中乗り込むときの伊丹のためらいは理由はあるのか。訓練でも伊丹の訓練風景が中心だった。

松方弘樹に魅力を感じられず。鶴田浩二は「男たちの旅路」とほぼ同じトーンの演技だった。伊丹の同僚役は山田太郎。「最後の故郷でバイオリンを弾く」というのは、伊丹氏の趣味から来ているのか。

伊丹十三監督作品 出演作品

お葬式 ★★★ Ososhiki (1984)
タンポポ ★★★★ Tampopo (1985)
マルサの女 ★★★ Marusa no onna (1987)
マルサの女 2 ★★★★★ Marusa no onna II (1988)
あげまん ★★★ A-ge-man (1990)
ミンボーの女 ★★★★ Minbo no onna (1992)
大病人 ★★★ Daibyonin (1993)
静かな生活 ★★ Shizukana seikatsu (1995)
スーパーの女 ★★★ Sûpâ no onna (1996)
マルタイの女 ★★ Marutai no onna (1997)

ロードジム ★★ Lord Jim (1965)
日本春歌考 ★★ Nihon shunka-kô (1967)
人間魚雷 ★★ Ah kaiten tokubetsu kogetikai (1968)
ザ・ガードマン ★★ (1970 TV)妹 ★★ Imouto (1974)
修羅雪姫 怨み恋歌 ★★★ Shura-yuki-hime: Urami Renga (1974)
わが道 ★★ Waga michi (1974)
もう頬づえはつかない ★★ Mo hozue wa tsukanai (1979)
悪霊島 ★★ Akuryo-To (1981)
家族ゲーム ★★★★ Kazoku gêmu (1983)
居酒屋兆治 ★★★ Izakaya Chôji (1983)
細雪 ★★★★ Sasame-yuki (1983)
ドレミファ娘の血は騒ぐ ★★ Do-re-mi-fa-musume no chi wa sawagu (1985)
北京の55日 1965 未記入
無用ノ介 1 1969 未記入
北の国から 1981 未記入

あらすじ(goo映画)

昭和十八年。広島の特殊潜航艇甲標的の基地であるP基地に赴任した、三島少尉は同室の大里中尉が、敗色濃い戦局を打開するため、一人千殺の兵器の構想を持っていることを知った。

だが、上層部は魚雷に人間が乗り込んで敵艦に体当りするという大里の構想を、必死の兵器は認められないと却下しつづけていた。

一方、三島は甲標的の能力に疑問を持ち大里に協力を申し出た。二人は熱心に構造設計に打ち込み、いつか竪い友情に結ばれていった。

昭和十九年、米機動部隊の活躍に、軍令部は今まで却下しつづけてきた大里の人間魚雷の構想を採用することに決定し、

○六兵器と仮称を与えて呉工廠で設計、試作することになった。

喜んだ大里、三島は荻野技術大尉らと共に不眠不休の作業をつづけ、兵器としての弱点を改めていった。

やがて○六は完成、第六艦隊参謀栗原中佐らの見守る中で、大里の乗った○六は航走試験に成功した。

○六は正式に回天と命名され、徳山湾口大津島の基地で猛訓練が開始された。

時時表面化する現役士官と、吉岡や潮田らの予備士官との対立も、訓練途中で大里と吉岡が死んだ時に消えていった。

十月下旬、回天特別攻撃隊菊水隊が編成され、ウルシー環礁の戦艦隊が目標に選ばれた。

出撃数日前、隊員に帰省休暇が出た。三島は大阪の両親に秘かに別れを告げ、潮田も妻孝子と会って無言の別れを告げたのだった。

遠方の隊員は、料亭若松の仲居のお朝に甘え、数日を過した。

昭和十九年十一月八日朝、三島たち隊員は回天を搭載した潜水艦に乗り込み、故郷に最後の別れを告げて出撃していった……。

ウルシー環礁内の敵艦に攻撃を敢行した菊水隊の戦果は、正規空母三、戦艦二を撃沈、わが方の損害は 以下略

|

« 娘・妻・母 ★★★ Musume tsuma haha (1960) | トップページ | ★★★★★ 題名一覧 15作 »

★★   1640 作」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202795/16450154

この記事へのトラックバック一覧です: 人間魚雷 あゝ回天特別攻撃隊 ★★ Ah kaiten tokubetsu kogetikai (1968):

« 娘・妻・母 ★★★ Musume tsuma haha (1960) | トップページ | ★★★★★ 題名一覧 15作 »