« トゥモロー・ワールド ★★ Children of Men (2006) | トップページ | 時雨の記 ★★ Diary of Early Winter Shower (1998) »

ビルマの竪琴 ★★ Biruma no tategoto (1956)

jmdb
goo映画
DISCAS
みんなのシネマレビュー

監督:市川崑
出演者:三國連太郎、 安井昌治、 北林谷栄、 三橋達也
収録時間:116分
レンタル開始日:2004-08-06

Story
太平洋戦争末期のビルマを舞台に、日本軍の説得に向かったまま消息を絶った水島上等兵の心の変容をミステリアスに綴る感動ドラマ。市川崑監督独特の鋭いカットつなぎで、繊細な映像を表現している。 (詳細はこちら

メモ まじめな映画だ。三國連太郎は普通。西村晃もおとなしめ。三國連太郎が水島を演じるのかと思っていたので拍子抜けした。

追記 北林谷栄だったのか、七人の侍★★★★★の老婆ではなかったかと思ったが違った。


Vm_cr00355355_ss100_
Vm_sy140_sx100_


あらすじ(goo映画)

一九四五年の夏、敗残の日本軍はビルマの国境を越え、タイ国へ逃れようとしていたが、

その中にビルマの堅琴に似た手製の楽器に合せて、「荒城の月」を合唱する井上小隊があった。

水島上等兵は竪琴の名人で、土人に変装しては斥候の任務を果し、竪琴の音を合図に小隊を無事に進めていた。

やがて、小隊は国境の近くで終戦を知り、武器を捨てた。

彼らは遥か南のムドンに送られることになったが、水島だけは三角山を固守して抵抗を続ける日本軍に降伏の説得に向ったまま、消息を絶った。

一方、ムドンに着いた小隊は、収容所に出入りする物売り婆さんに水島を探して貰うが生死のほども判らなかった。

ある日、作業に出た小隊は青い鸚鵡を肩にのせた水島に瓜二つのビルマ僧を見掛けて声をかけるが、その僧侶は目を伏せて走り去った。

水島は生きていたのである。

三角山の戦闘のあと、僧侶姿の彼はムドンへ急ぐ道で数知れぬ日本兵の白骨化した死骸を見て、今は亡き同胞の霊を慰めるため、この地へとどまろうと決心した。

物売り婆さんからあの僧侶の肩にとまっていた鸚鵡の弟という青い鸚鵡を譲り受けた井上隊長は「水島、いっしょに日本へ帰ろう」という言葉を熱心に教え込んだ。

三日後に帰還ときまった日、隊長は物売り婆さんに弟鸚鵡をあの僧侶に渡してくれと頼んだ。

すると、出発の前日になって水島が収容所の前に現われ、竪琴で「仰げば尊し」を弾いて姿を消した。

あくる日、物売り婆さんが水島からの手紙と青い鸚鵡を持って来た。

鸚鵡は歌うような声で「アア、ジブンハカへルワケニハイカナイ」と繰り返すのだった。

それを聴く兵隊たちの眼には、 以下略

|

« トゥモロー・ワールド ★★ Children of Men (2006) | トップページ | 時雨の記 ★★ Diary of Early Winter Shower (1998) »

★★   1640 作」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202795/14651371

この記事へのトラックバック一覧です: ビルマの竪琴 ★★ Biruma no tategoto (1956):

« トゥモロー・ワールド ★★ Children of Men (2006) | トップページ | 時雨の記 ★★ Diary of Early Winter Shower (1998) »