« グエムル 漢江の怪物 ★★★☆ Gwoemul (2006) | トップページ | 恋は邪魔者 ★★ Down with Love (2003) »

殺しのドレス ★★★  Dressed to Kill (1980)

IMDb
goo映画
DISCAS
みんなのシネマレビュー

監督:ブライアン・デ・パルマ
出演者:マイケル・ケイン、 キース・ゴードン、 アンジー・ディッキンソン、 ナンシー・アレン
収録時間:105分
レンタル開始日:2004-04-23

Story
デ・パルマ監督の傑作サスペンス。劇場公開時にカットしたシーンを新たに加えた「UNRATED版」と「劇場公開版」の両方を収録したスペシャルエディション。 (詳細はこちら

メモ 日本語字幕のみ。どこがヒッチコックへのオマージュなのか全然わからない。映画の筋は良くできている。

ブライアン・デ・パルマ監督作品

青春のマンハッタン ★★ Greetings (1968)
ご婚礼 ★★ The Wedding Party (1969)
ブルーマンハッタン 哀愁の摩天楼 ★★ Hi, Mom! (1970)
悪魔のシスター ★★ Sisters (1973)
ファントムオブパラダイス ★★★ Phantom of the Paradise (1974)
愛のメモリー ★★★ Obsession (1976)
キャリー ★★★ Carrie (1976)
フューリー ★★ The Fury (1978)
殺しのドレス ★★★  Dressed to Kill (1980)
ミッドナイトクロス ★★★ Blow Out (1981)
スカーフェイス ★★ Scarface (1983)
ボディダブル ★★★★ Body Double (1984)
ワイズガイズ(仮称) ★★ Wise Guys (1986)
アンタッチャブル ★★★★ The Untouchables (1987)
カジュアリティーズ ★★★ Casualties of War (1989)
虚栄のかがり火 ★★★ The Bonfire of the Vanities (1990)
カリートの道 ★★★★ Carlito's Way (1993)
ミッションインポッシブル ★★★ Mission: Impossible (1996)
スネークアイズ ★★★ Snake Eyes (1998)
ミッショントゥマーズ ★★ Mission to Mars (2000)
ファムファタール ★★★ Femme Fatale (2002)
ブラックダリア ★★ The Black Dahlia (2006)
レイジング・ケイン  1992 未記入

Mv5bmtiymdu5otc0mv5bml5banbnxkftzty

24m_2
Throbocop_pub06_1
22m_22
Th0512_0008

DISCASイントロダクション

美術館で出会った男と行きずりの情事を楽しんだ人妻が殺される。事件を目撃した娼婦と、被害者の息子は犯人捜しに乗り出すが……。デ・パルマの流麗なカメラ・ワークと大仰な演出で見せるサイコ・スリラー。

あらすじ(goo映画)

マンハッタンにあるアパートの一室。シャワーを浴びている中年女性ケイト(アンジー・ディッキンソン)は、その後、夫のマイク(フレッド・ウェバー)の腕の中で歓びの声をあげた。

しかし、マイクがベッドから出ていった後の表情は決して満足したものではなかった。ケイトは時々突然たくましい男に襲われる夢を見ていた。

そして精神分析医のエリオット(マイケル・ケイン)のクリニックにかよっていた。

彼女にはピーター(キース・ゴードン)という息子がいたが、彼はコンピューターに狂っており、今も科学コンクールに出品するためにその組立てに余念がなかった。

翌日、1人で街に出たケイトは、白いコートに白いハンドバッグ、白い手袋という出で立ちでまずエリオットを訪ねた。

紳士的な彼は、ケイトの夫のセックスへの不満を聞いてやり、程よい助言を与えた。

それからケイトはメトロポリタン美術館へと向かった。

医者の助言も彼女には効用はないとみえ、いらいらした気持ちはそのまま美術館の内部までもちこまれた。

その中で彼女は1人の男の視点を感じた。男は挑発的にケイトを誘う。

彼女は誘われるままにその男とタクシーの中で情事を交わし男のアパートヘ行った。

その男の机の中の書類から、男が性病であることを知り急いでその部屋を出たケイトは、途中指輪を忘れて来たことに気づきエレベーターで戻った。

が、扉が開いた瞬間、彼女は何者かに襲われナイフで惨殺された。

ちょうどエレベーターを待っていた若い女性リズ(ナンシー・アレン)は、死体を発見、犯人らしいブロンドの女性を目撃した。

刑事マリノ(デニス・フランツ)の取り調べを受けるリズ。娼婦であるリズにマリノは冷たい。一方、犯人はリズを狙いはじめていた。

地下鉄の中で間一髪、犯人に殺されるところをケイトの息子ピーターに助けられるリズ。

犯人は性的倒錯者だっためだ。女の心を持った男・・・。自分の中の男を刺激する対象、

つまりケイトのようなセクシーな女は彼の中の女の部分が邪魔とする存在だったのだ。

その犯人とは何と精神分析医のエリオットだった。証拠を掴むためにエリオットを挑発するリズ。

彼が再び殺人を犯そうとした寸前、かけつけたマリノ刑事がリズを救い 以下略

 

|

« グエムル 漢江の怪物 ★★★☆ Gwoemul (2006) | トップページ | 恋は邪魔者 ★★ Down with Love (2003) »

★★★  285 作」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202795/14467555

この記事へのトラックバック一覧です: 殺しのドレス ★★★  Dressed to Kill (1980):

« グエムル 漢江の怪物 ★★★☆ Gwoemul (2006) | トップページ | 恋は邪魔者 ★★ Down with Love (2003) »