« スパイダーマン2 ★★★ Spider-Man 2 (2004) | トップページ | 潮風のいたずら ★★★  Overboard (1987) »

ビリー・バスゲイト ★★ Billy Bathgate (1991)

IMDb  
goo映画
DISCAS
みんなのシネマレビュー

監督:ロバート・ベントン
出演者:ダスティン・ホフマン、 ニコール・キッドマン、 スティーブン・ヒル、 ローレン・ディーン
収録時間:107分
レンタル開始日:2003-07-16

Story
実在のギャング、ダッチ・シュルツを描いた同名小説を、ロバート・ベントン監督、ダスティン・ホフマン主演で映画化。組織に憧れ入った少年・ビリーが、裏切り、疑惑など、ギャングの世界の現実に触れ変化していく姿を描くギャングアクション。 (詳細はこちら

メモ ダスティン・ホフマンだと怖くない。ニコール・キッドマンはおとなしい役だ。

ダスティン・ホフマン出演作品
真夜中のカーボーイ ★★★ Midnight Cowboy (1969)
パピヨン ★★★ Papillon (1973)
レニーブルース ★★ Lenny (1974)
マラソンマン ★★★ Marathon Man (1976)
大統領の陰謀 ★★ All the President's Men (1976)
トッツィー ★★★ Tootsie (1982)
ファミリービジネス ★★ Family Business (1989)
ディックトレイシー ★★ Dick Tracy (1990)
ビリーバスゲイト ★★★ Billy Bathgate (1991)
ヒーロー ★★★ Hero (1992)
アメリカンバッファロー ★★ American Buffalo (1996)
スリーパーズ ★★ Sleepers (1996)
ウワサの真相 ワグ・ザ・ドッグ ★★★ Wag the Dog (1997)
マッドシティ ★★ Mad City (1997)
コンフィデンス ★★★ Confidence (2003)
ミートザペアレンツ2  ★★★ Meet the Fockers (2004)
ネバーランド ★★★ Finding Neverland (2004)
ハッカビーズ ★★★ I Heart Huckabees (2004)
主人公は僕だった ★★★ Stranger Than Fiction (2006)
パフューム ある人殺しの物語 ★★ Perfume: The Story of a Murderer (2006) 


ニコールキッドマン
出演作品

デイズオブサンダー ★ Days of Thunder (1990)
ビリーバスゲイト ★★★ Billy Bathgate (1991)
遥かなる大地へ ★★★ Far and Away (1992)
マイライフ  ★★ My Life (1993)
誘う女 ★★ To Die For (1995)
ムーランルージュ ★★★ Moulin Rouge! (2001)
アザーズ ★★★ The Others (2001)
バースデイガール ★★★ Birthday Girl (2001)
めぐりあう時間たち ★★ The Hours (2002)
白いカラス ★★ The Human Stain (2003)
ドッグヴィル ★ Dogville (2003)
コールドマウンテン ★★★ Cold Mountain (2003)
ステップフォードワイフ ★★★ The Stepford Wives (2004)
記憶の棘 ★★ Birth (2004)
奥さまは魔女 ★★ Bewitched (2005)
ザ・インタープリター ★★ The Interpreter (2005)

デッド・カーム 戦慄の航海 1988 未見
デストラップ・死の罠 1982 未見
バットマン・フォーエヴァー 1995 未記入
ピースメーカー 1997 未記入
プラクティカル・マジック 1998 未見
アイズ・ワイド・シャット 1999 未記入
ドッグヴィルの告白 2003 未見
Rita ~リタ・ヘイワースの軌跡~2004 未見
毛皮のエロス 2006 未見
インベージョン 2007 未見

あらすじ(goo映画)

アメリカに不況の嵐が吹き荒れる1935年。ニューヨークの暗黒街に君臨するキャングのボス、ダッチ・シュルツ(ダスティン・ホフマン)は、彼と同じイースト・ブロンクス出身の青年ビリー(ローレン・ディーン)に声をかける。

血気盛んなビリーは、機転を効かせ子分になり、やがて側近に成り上がっていった。

ビリーにとって羽振りのいいダッチは成功の象徴であり、ダッチの片腕で命知らずの殺し屋ボー・ワインバーグ(ブルース・ウィリス)が美女をはべらせ輝きを放つ姿は憧れであった。

だが、あるときボーの裏切りが発覚、ダッチは親友でもあったボーをボーの恋人ドリュー・プレストン(ニコール・キッドマン)の目の前で冷酷に始末する。

それはビリーにとって、成功への道と信じていたギャングの世界が、実は裏切りと殺しの横行する恐ろしい世界であると思い知る出来事だった。

ダッチはビリーに、ボー殺しの秘密を知るドリューの監視を命ずる。

知的で妖艶な人妻ドリューとビリーは、次第に愛を感じ始めていた。その頃ダッチは隆盛の頂点から一転、窮地に立たされる。

禁酒法廃止後、当局はギャングの一掃に乗り出し、ダッチを脱税容疑で告発した。

ダッチの参謀オットー・バーマン (スティーヴン・ヒル)は陪審員の心証をよくするため、

ダッチの悪行が知られていない北部の田舎町で裁判を開くよう画策し、金にあかせて慈善事業を重ね善人の印象をアピール。

ドリューの存在をマスコミから隠すため、ビリー同行でサラトガに行かせる。

束の間の安らぎに愛を確かめあう2人だったが、ドリューをも消そうとするダッチの企みに気づいたビリーは、彼女を夫の元へ帰した。

一方、ダッチは、裏工作で勝訴したものの更に州から訴えられ、ギャング仲間の裏切りで手も足も出なくなり、無謀な計画をわめき散らしていた。 以下略



60m_168m_1938m_8148m_37

10m_91

58m_1422m_78

|

« スパイダーマン2 ★★★ Spider-Man 2 (2004) | トップページ | 潮風のいたずら ★★★  Overboard (1987) »

★★   1640 作」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202795/14019436

この記事へのトラックバック一覧です: ビリー・バスゲイト ★★ Billy Bathgate (1991):

« スパイダーマン2 ★★★ Spider-Man 2 (2004) | トップページ | 潮風のいたずら ★★★  Overboard (1987) »