« 天国は待ってくれる ★★ Heaven Can Wait (1943) | トップページ | 酔いどれ天使 ★★ Yoidore tenshi (1948) »

白痴 ★★ Hakuchi (1951)

IMDb 
goo映画
DISCAS
みんなのシネマレビュー 

監督:黒澤明
出演者:原節子、 森雅之、 三船敏郎、 久我美子
収録時間:166分
レンタル開始日:2004-04-24

Story
巨匠・黒澤明監督が純粋な心を持つ青年の愛と狂気を描いた人間ドラマ。戦争のショックで精神を病み、白痴となり惨めな姿で復員した亀田欽司は、赤間という男と出会う。彼と共に政治家の妾・那須妙子の写真を見た亀田は彼女の美しさに心を奪われてしまう。 (詳細はこちら

Ca3c2596 Ca3c2597 Ca3c2598 Ca3c2599 Ca3c2600 Ca3c2601 Ca3c2602 Ca3c2603 Ca3c2604 Ca3c2605 Ca3c2606 Ca3c2607 Ca3c2608 Ca3c2609 Ca3c2610 Ca3c2611 Ca3c2612 Ca3c2613 Ca3c2614 Ca3c2615 Ca3c2616 Ca3c2617 Ca3c2618 Ca3c2619 Ca3c2620 Ca3c2621

メモ 原節子がもっと出て欲しい。三船はうまいとは思わず。

黒澤明監督作品

姿三四郎 ★★ Sugata Sanshiro (1943)
一番美しく ★ Ichiban utsukushiku (1944)
虎の尾を踏む男達 ★★★ Tora no o wo fumu otokotachi (1945)
続・姿三四郎 ★★ Zoku Sugata Sanshiro (1945)
わが青春に悔なし ★★ Waga seishun ni kuinashi (1946)
素晴らしき日曜日 ★★ Subarashiki nichiyobi (1947)
銀嶺の果て ★★ Ginrei no hate (1947)
酔いどれ天使 ★★ Yoidore tenshi (1948)
静かなる決闘 ★★★ Shizukanaru ketto (1949)
野良犬 ★★ Nora inu (1949)


醜聞 ★★ Shubun (1950)
羅生門 ★★ Rashômon (1950)
白痴 ★★ Hakuchi (1951)
生きる ★★ Ikiru (1952)
七人の侍 ★★★★★ Shichinin no samurai (1954)
生きものの記録 ★★★ Ikimono no kiroku (1955)
どん底 ★★★ Donzoko (1957)
蜘蛛巣城 ★★ Kumonosu jô (1957)
隠し砦の三悪人 ★★ Kakushi-toride no san-akunin (1958)


悪い奴ほどよく眠る ★★ Warui yatsu hodo yoku nemuru (1960)
用心棒 ★★★ Yôjimbô (1961)
椿三十郎 ★★ Tsubaki Sanjûrô (1962)
天国と地獄 ★★★ Tengoku to jigoku (1963)
赤ひげ ★★ Akahige (1965)


どですかでん ★★★ Dodesukaden (1970)
デルス・ウザーラ ★ Dersu Uzala (1975)
影武者 ★★ Kagemusha (1980)
乱  ★★★ Ran (1985)
夢 ★★★ Dreams (1990)
八月の狂詩曲 ★★ Hachi-gatsu no kyôshikyoku (1991)
まあだだよ ★★ Madadayo (1993)

あらすじ(goo映画)

沖縄から復員して来た亀田欽司は、癲癇性痴呆性で白痴だと自ら名乗る無邪気な男だった。

青函連絡船の中から欽司と一緒になった男に赤間伝吉と軽部という男があった。軽部は、欽司が札幌の大牧場主大野の親類だというとペコペコし、伝吉が、札幌の大金持ち赤間家の息子というとまた驚いて見せた。

伝吉は、政治家東畑の囲い者那須妙子にダイヤの指環を贈ったことから父に勘当されるが、その父が亡くなったので家へ帰るところだった。

欽司は札幌に着いて、狸小路の写真屋に飾られた妙子の写真を見せられその美しさにうたれる。

大野は欽司が帰って来たのを見て、ちょっとあわてた。欽司が父から遺された牧場を大野が横領した形だったからである。

しかし欽司は一向にそんなことには気にかけず、大野から香山睦郎の家へ下宿させてもらう。その香山睦郎は、東畑の政治的野望の邪魔になって来た妙子を、六十万円の持参金つきで嫁にもらうことになっていた。

札幌へ帰ってその噂を聞いた赤間伝吉は、百万円の札束を積んで、妙子を譲りうけに行った。妙子は、百万円を東畑や香山の前で暖炉に投げ込んで、赤間とそりに乗って去って行った。

赤間と妙子が東京へ行ったと聞くと、欽司も、大野から贈られた牧場の少なからざる利益金を懐にそのあとを追って行ったが、やがて赤間も妙子もそして欽司もまた札幌に舞いもどって来た。

妙子は赤間とはどうしても結婚する気にならず、自分を憐れんでくれるような欽司にはひかれるが、やはり反ぱつするものがあるのだった。

大野の娘綾子は、欽司を一番深く理解し、欽司も綾子にひかれていたが、妙子の危なっかしい生活ぶりがよけいに彼の心をひくのだった。

綾子は、妙子に捨て去られた香山と結婚する決心をし、妙子は欽司と綾子とを結びつけるのが本当だと考える。 以下略

83m

|

« 天国は待ってくれる ★★ Heaven Can Wait (1943) | トップページ | 酔いどれ天使 ★★ Yoidore tenshi (1948) »

★★   1640 作」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202795/13991943

この記事へのトラックバック一覧です: 白痴 ★★ Hakuchi (1951):

« 天国は待ってくれる ★★ Heaven Can Wait (1943) | トップページ | 酔いどれ天使 ★★ Yoidore tenshi (1948) »