« イル・ポスティーノ ★★ Postino, Il (1994) | トップページ | ステイ ★ Stay (2005) »

素晴らしき日曜日 ★★ Subarashiki nichiyôbi (1947)

IMDb  
goo映画
DISCAS
みんなのシネマレビュー

監督:黒澤明
出演者:沼崎勲、 中北千枝子、 菅井一郎、 有山緑
収録時間:108分
レンタル開始日:2004-04-09

Story
敗戦直後の風俗を背景に、恋人たちのささやかな日常を描いた恋愛映画。わずか35円を握りしめてデートする恋人たちの日曜日を追う。主人公の昌子が、映画館の観客に向かって呼びかける、クライマックスが印象的。 (詳細はこちら

Ca3c2695 Ca3c2696 Ca3c2697 Ca3c2698 Ca3c2699 Ca3c2700 Ca3c2701 Ca3c2702 Ca3c2703 Ca3c2704 Ca3c2705 Ca3c2706

メモ ラストシーンははっきりとセットだとわかる。中北千枝子のヒロインは珍しい。主役に迫力がないなと思ったが、その通りだった。

黒澤明監督作品

姿三四郎 ★★ Sugata Sanshiro (1943)
一番美しく ★ Ichiban utsukushiku (1944)
虎の尾を踏む男達 ★★★ Tora no o wo fumu otokotachi (1945)
続・姿三四郎 ★★ Zoku Sugata Sanshiro (1945)
わが青春に悔なし ★★ Waga seishun ni kuinashi (1946)
素晴らしき日曜日 ★★ Subarashiki nichiyobi (1947)
銀嶺の果て ★★ Ginrei no hate (1947)
酔いどれ天使 ★★ Yoidore tenshi (1948)
静かなる決闘 ★★★ Shizukanaru ketto (1949)
野良犬 ★★ Nora inu (1949)


醜聞 ★★ Shubun (1950)
羅生門 ★★ Rashômon (1950)
白痴 ★★ Hakuchi (1951)
生きる ★★ Ikiru (1952)
七人の侍 ★★★★★ Shichinin no samurai (1954)
生きものの記録 ★★★ Ikimono no kiroku (1955)
どん底 ★★★ Donzoko (1957)
蜘蛛巣城 ★★ Kumonosu jô (1957)
隠し砦の三悪人 ★★ Kakushi-toride no san-akunin (1958)


悪い奴ほどよく眠る ★★ Warui yatsu hodo yoku nemuru (1960)
用心棒 ★★ Yôjimbô (1961)
椿三十郎 ★★ Tsubaki Sanjûrô (1962)
天国と地獄 ★★★ Tengoku to jigoku (1963)
赤ひげ ★★ Akahige (1965)


どですかでん ★★★ Dodesukaden (1970)
デルス・ウザーラ ★ Dersu Uzala (1975)
影武者 ★★ Kagemusha (1980)
乱  ★★★ Ran (1985)
夢 ★★★ Dreams (1990)
八月の狂詩曲 ★★ Hachi-gatsu no kyôshikyoku (1991)
まあだだよ ★★ Madadayo (1993)

あらすじ(goo映画)

雄造と昌子はある日曜日楽しいランデヴーを計画したが、現実はあまりにもはかなく惨めだった。

たった三十五円の日曜日。スピードくじも無駄だった。十万円の住宅見本も、彼らにとっては雪の彼方のものだろう。アパートの借間も、行ってみれば手が出ない。

子供の野球に飛び入りすれば、雄造の打ったボールは露店に飛び込み損害賠償を払わせられる。あと二十円。

ふと兵隊の時の戦友がいまキャバレーの社長をしているのを思い出した雄造は、その友人をダンスホールに訪れたが、街の紳士なみに扱われくさって出てくる。

二人の気持は沈むばかりだった。昌子は残った二十円でコンサートを聞きに行こうと勧めたが、二人が公会堂に駆けつけた時切符は売り切れてしまった。

雄造はたまりかねて闇切符売りに食ってかかったが、その仲間に手もなくのされてしまった。

乱れた髪、汚れた服、冷い雨、黙々と歩く雄造の姿を昌子は悲しく追ってとうとう雄造の下宿まで来た。下宿の一室で気重い沈黙が続いた。

昌子はこんな風にして別れたくないと思った。雄造は惨めな自分がつくづくいやになった。誰もかれも自分に背中を向けている。

残っているのは昌子だけではないか。彼は急に熱情的に昌子を求めた。本能的な怖れで室を出た昌子は、意を決して再び戻ってくる。

雄造は昌子の悲痛な顔を見て強く心打たれた。二人は雨上りの街へ出た。黙って向い合っていても幸福だった。

二人が舗道に面した焼跡で何年か先の理想の小さな喫茶店の計画を夢中で話し合っているとき、ふと見るとずらりと人だかりがして人々がこちらを見ていた。

二人は月の出た公園へ来た。そして森閑と静まり返った音楽堂で二人だけのコンサートが始まる。

指揮者の雄造は胸をはって舞台に立った。寂しく反響する昌子のたった一人の拍手の音。

タクトが振り降されたが、聞こえてくるのは広大な音楽堂を吹き渡る風の音ばかりだった。

昌子はたまらない気持で雄造を励ました。目に見えない多くの人々に向ってひたすら何かを願うかのように「どうか拍手して下さい、お願いします」と叫んだ。

その瞬間、荒さんのごとき拍手の音が響き渡ってくる。雄造は上衣を脱ぎ捨て指揮台に上った。

両手を挙げて構えたタクトが振り降されると、やがて壮麗な「未完成交響曲」第一楽章が人気のない音楽堂を一杯に流れ出す。 以下略

25m

|

« イル・ポスティーノ ★★ Postino, Il (1994) | トップページ | ステイ ★ Stay (2005) »

★★   1640 作」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202795/13987818

この記事へのトラックバック一覧です: 素晴らしき日曜日 ★★ Subarashiki nichiyôbi (1947):

« イル・ポスティーノ ★★ Postino, Il (1994) | トップページ | ステイ ★ Stay (2005) »