« 悲しい色やねん ★ Kanashi iro yanen (1988) | トップページ | 死に花 ★★ Shinibana (2004) »

犬神家の一族 ★★ Inugamike no ichizoku (1976)

IMDb  
jmdb
goo映画
DISCAS
みんなのシネマレビュー

監督:市川崑
出演者:石坂浩二、 あおい輝彦、 島田陽子、 高峰三枝子、 三國連太郎、 小沢栄太郎、 加藤武、 坂口良子、 横溝正史
収録時間:145分
レンタル開始日:2004-07-23

Story
角川映画第1回作品。名探偵・金田一耕助が、信州の財閥・犬神家の巨額の遺産を巡る血塗られた連続殺人事件の謎に迫る。石坂浩二が金田一耕助役を務め、市川崑監督とのコンビによりシリーズ化された、横溝正史ミステリーの代表的作品。 (詳細はこちら

メモ 島田陽子はきれいだが、髪型がおばさんくさい。リメイクよりはこちらの方が良い。

あおい輝彦が仮面を取ると引く家族のマネを清水ミチコが学生の時にやっていたというのを覚えている。

あらすじ(goo映画)

日本の製薬王といわれた信州・犬神財閥の創始者、犬神佐兵衛は、自分の死後の血で血を洗う葛藤を予期したかのような不可解な遺言状を残して他界した。

犬神家の顧問弁護士、古館恭三の助手、若林は、莫大な遺産相続にまつわる一族の不吉な争いを予期して、金田一耕肋に助力を得るための手紙を送ったが、那須に着いた金田一と顔を合わさぬまま、何者かに毒入り煙草で殺害された。

奇怪な連続殺人事件は、若林の死からその第一幕が切って落された。

佐兵衛は生涯妻子を持たず、松子、竹子、梅子という腹違いの三人の娘があり、松子には佐清、竹子には佐武と小夜子、梅子には佐智という子供がいる。

そして、犬神家には佐兵衛が今日の地盤を築いた大恩人である野々宮大式の孫娘、珠世も住んでいた。

問題の遺言状は佐清の復員を待って公開されることになっていたが、戦争で顔を負傷した佐清は、仮面をかぶって一族の前に現われた。

ところで遺言状の内容は、犬神家の全財産と全事業の相続権を意味する三種の家宝、斧(よき)、琴、菊を佐清、佐武、佐智のいずれかと結婚することを条件に、珠世に譲渡する、というものだった。

だが、佐武は花鋏で殺され、生首だけ菊人形の首とすげかえられ、佐智は琴糸を首に巻きつけられて、そして、佐清も斧で殺された。

犬神家の家宝「斧(よき)、琴、菊」(よきこと聞く)は、いまや祝い言葉ではなく、呪いの連続殺人の呼称となった。

犯行現場付近には、いつも珠世と猿蔵の姿があった。私立探偵金田一耕助によって 以下略

|

« 悲しい色やねん ★ Kanashi iro yanen (1988) | トップページ | 死に花 ★★ Shinibana (2004) »

★★   1640 作」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202795/14125942

この記事へのトラックバック一覧です: 犬神家の一族 ★★ Inugamike no ichizoku (1976):

« 悲しい色やねん ★ Kanashi iro yanen (1988) | トップページ | 死に花 ★★ Shinibana (2004) »