« わが青春に悔なし ★★ Waga seishun ni kuinashi (1946) | トップページ | セレニティー ★★ Serenity (2005) »

赤ひげ ★★ Akahige (1965)

IMDb 
goo映画
DISCAS
みんなのシネマレビュー 

監督:黒澤明
出演者:三船敏郎、 加山雄三、 山崎努、 ニ木てるみ
収録時間:185分
レンタル開始日:2004-04-09

Story
山本周五郎原作による小説を黒澤明監督が映画化した傑作ドラマ。貧しい町人のための医療施設・小石川養生所に見習いとして入った若者が、所長である赤ひげに反発しながらも次第に心を動かされ、成長していく姿を描く。 (詳細はこちら

Ca330117

Ca330118

Ca330119

Ca330120

Ca330121

Ca330122

Ca330123

Ca330124

Ca330125

Ca330126

Ca330127

Ca330129

Ca330130

Ca330131

Ca330132

メモ 脚本を読んだし、倉本聰氏のテレビドラマの脚本も、読んでいたので展開に驚きはなかった。三船敏郎は大根役者だと言われる事があるが、そんなことはない。、例えば三國連太郎だって、どの映画でも三國連太郎だ。

黒澤明監督作品

姿三四郎 ★★ Sugata Sanshiro (1943)
一番美しく ★ Ichiban utsukushiku (1944)
虎の尾を踏む男達 ★★★ Tora no o wo fumu otokotachi (1945)
続・姿三四郎 ★★ Zoku Sugata Sanshiro (1945)
わが青春に悔なし ★★ Waga seishun ni kuinashi (1946)
素晴らしき日曜日 ★★ Subarashiki nichiyobi (1947)
銀嶺の果て ★★ Ginrei no hate (1947)
酔いどれ天使 ★★ Yoidore tenshi (1948)
静かなる決闘 ★★★ Shizukanaru ketto (1949)
野良犬 ★★ Nora inu (1949)


醜聞 ★★ Shubun (1950)
羅生門 ★★ Rashômon (1950)
白痴 ★★ Hakuchi (1951)
生きる ★★ Ikiru (1952)
七人の侍 ★★★★★ Shichinin no samurai (1954)
生きものの記録 ★★★ Ikimono no kiroku (1955)
どん底 ★★★ Donzoko (1957)
蜘蛛巣城 ★★ Kumonosu jô (1957)
隠し砦の三悪人 ★★ Kakushi-toride no san-akunin (1958)


悪い奴ほどよく眠る ★★ Warui yatsu hodo yoku nemuru (1960)
用心棒 ★★ Yôjimbô (1961)
椿三十郎 ★★ Tsubaki Sanjûrô (1962)
天国と地獄 ★★★ Tengoku to jigoku (1963)
赤ひげ ★★ Akahige (1965)


どですかでん ★★★ Dodesukaden (1970)
デルス・ウザーラ ★ Dersu Uzala (1975)
影武者 ★★ Kagemusha (1980)
乱  ★★★ Ran (1985)
夢 ★★★ Dreams (1990)
八月の狂詩曲 ★★ Hachi-gatsu no kyôshikyoku (1991)
まあだだよ ★★ Madadayo (1993)


あらすじ(goo映画)

医員見習として小石川養生所へ住み込んだ保本登は、出世を夢みて、長崎に遊学したその志が、古びて、貧乏の匂いがたちこめるこの養生所で、ついえていくのを、不満やるかたない思いで、過していた。

赤っぽいひげが荒々しく生えた所長新出去定が精悍で厳しい面持で、「お前は今日からここに詰める」といった一言で、登の運命が決まった。

人の心を見抜くような赤ひげの目に反撥する登はこの養生所の禁をすべて破って、養生所を出されることを頼みとしていた。

薬草園の中にある座敷牢にいる美しい狂女は、赤ひげのみたてで先天性狂的躰質ということであった。

登は、赤ひげのみたてが誤診であることを指摘したが、禁を侵して足しげく通った結果登は、赤ひげのみたてが正しかったことを知った。

毎日、貧乏人と接し、黙々と医術をほどこす赤ひげは、和蘭陀医学を学ばなければ解る筈のない大機里爾という言葉を使って、登に目をみはらせた。

赤ひげは「病気の原因は社会の貧困と無知から来るものでこれに治療法はない」といつも口にしていた。こんな中で登は、貧しく死んでゆく人々の平凡な顔の中に、人生の不幸を耐えた美しさを見るようになった。

登が赤ひげに共鳴して初めてお仕着せを着た日赤ひげは登を連れて岡場所に来た。

そして幼い身体で客商売を強いられるおとよを助けた。人を信じることを知らない薄幸なおとよが登の最初の患者であった。

長崎帰りをひけらかし、遊学中に裏切ったちぐさを責めた自分に嫌悪を感じた登は、おとよの看病に必死となった。

やがておとよは、登に対しても他人に対してもあふれる愛情を示し始めた。

そしてふとした盗みでおとよに救け出された長次とおとよの間に、幼い恋が芽生えた頃、登はちぐさの妹まさえと結婚の約束を取り交した。

そして、名誉にも金にも縁遠くなっても、一生この養生所で、 以下略

06m_2

 

|

« わが青春に悔なし ★★ Waga seishun ni kuinashi (1946) | トップページ | セレニティー ★★ Serenity (2005) »

★★   1640 作」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202795/13991966

この記事へのトラックバック一覧です: 赤ひげ ★★ Akahige (1965):

« わが青春に悔なし ★★ Waga seishun ni kuinashi (1946) | トップページ | セレニティー ★★ Serenity (2005) »