« 七人の侍 ★★★★★★ Shichinin no samurai (1954) | トップページ | スクール・オブ・ロック ★★★★★ The School of Rock (2003) »

インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説  ★★★★★ Indiana Jones and the Temple of Doom (1984)

インディジョーンズ2 インディアナジョーンズ2では駄目か。
IMDb
goo映画
DISCAS
DMM
みんなのシネマレビュー

監督:スティーヴン・スピルバーグ
出演者:ハリソン・フォード、 ケイト・キャプショー、 キー・ホイクァン、 ロイ・チャオ
収録時間:119分
レンタル開始日:2004-04-09

Story
S・スピルバーグとJ・ルーカスの共同製作、H・フォード主演によって、考古学者、インディ・ジョーンズの活躍を描いたアクションアドベンチャー第2作。インディがナイトクラブの歌姫と案内役の中国人少年と共にインド奥地の宮殿で痛快な冒険を繰り広げる。(詳細はこちら

Ca3c3480 Ca3c3481 Ca3c3482 Ca3c3483 Ca3c3484 Ca3c3485 Ca3c3486 Ca3c3487 Ca3c3488 Ca3c3489 Ca3c3490 Ca3c3491 Ca3c3492 Ca3c3493 Ca3c3494 Ca3c3495 Ca3c3496 Ca3c3497 Ca3c3498 Ca3c3499 Ca3c3500 Ca3c3501 Ca3c3502 Ca3c3503 Ca3c3504 Ca3c3505 Ca3c3506

メモ 英語字幕あり。最初のミュージカル趣向が素晴らしいし、コミカルなあじつけ。それから一瞬飛行機内で主人公が寝るとこちらも一瞬気を抜く。となってから救命ボートのくだりまで、さらにだめ押しと。素晴らしい導入部から前半部だ。

Thij2_ia_12_rThij2_ia_231_rThij2_ia_294_rThij2_ia_274_rThij2_ia_381_r





Thij2_ia_239_rThij2_ia_219_rThij2_ia_2_rThij2_ia_268_rThij2_ia_91_r


Thij2_ia_289_rThij2_ia_355_rThij2_ia_103_rThij2_ia_269_rThij2_ia_378_r


Thlfl_ia_1775Thij2_ia_409_rThlfl_ia_1785_r


78m_17Thij2_ia_294_r38m_7585m_610m_87





 

Mv5bmtqznzy3ndgxm15bml5banbnxkftzty

あらすじ(goo映画)

1935年、上海。ナイトクラブ「オビ・ワン」では歌姫ウィリースコット(ケイト・キャプショー)が「エニシング・ゴーズ」を歌っていた。あるテーブルでは、考古学者で冒険家のインディ(ハリソン・フォード)が上海の犯罪王ラオ・チェー(ロイ・チャオ)と取引をしていた。

インディがラオの先祖であるヌルハチ皇帝の位牌を入手し、ダイヤと交換したのだ。だがラオは彼に毒を飲ませ、ダイヤを取り返そうとする。

解毒剤とダイヤをめぐっての乱闘、銃撃騒動の末、インディはウィリーと一緒に逃げ出し、中国人少年ショート・ラウンドことショーティ(キー・ホイ・クァン)を連れて上海空港へ急いだ。

3人を乗せた飛行機は、実はラオのもので、操縦士2人は、インディらが眠ってるうちにバラシュートで脱出してしまう。

危ういところで気がついたインディらは救命ボートに乗り込み、飛行機から脱出。ボートは雪の斜面をくだって川へ。3人はインドに不時着したのだ。

それを1人の老人が見ていて、メイアブール村に案内する。3人が神からつかわされた伝説の救い主だと信じる村人。村の畑は荒れ果てている。

長老の話ではパンコット宮殿から来た者たちに、村の聖なる石を奪われ、子供たちを連れ去られたという。インディはその石サンカラ・ストーンを取り戻してくれと頼まれた。

翌朝、三人は象に乗り、パンコット宮殿へ向かう。森を抜け、壮大な宮殿に入った3人は、宰相チャター・ラル(ロシャン・セス)の出迎えを受ける。

インディは幼いマハラジャの支配するこの宮殿に、邪悪な空気が満ちているのを感じる。宮殿で会ったイギリス軍のブランバート大佐は、「一世紀前、この地方を恐怖に陥れたカーリ教集団は絶滅したはずだ」と言う。その夜、寝室にもどったインディを殺し屋が襲うが、逆にやっつけてしまう。

壁の裏に秘密の通路を発見して、インディらは中へ入る。通路には無数の虫が蠢き、あやうく串刺しにされそうになったりした。やがて、3人はカーリ神の宮殿を見つけた。司祭モラ・ラム(アムリッシュ・プリ)は、生け贄をカーリ神に捧げ、多くの信者たちが盲目的に祈っていた。

儀式が終わって皆がいなくなると、インディは祭壇に近づきそこから黄金色に輝く3つのサンカラ・ストーンを取り出し、袋に入れる。祭壇の裏では子供たちが採掘作業をやらされていた。

衛兵に見つかってインディは捕われの身に。モラ・ラムは「サンカラ・ストーンは全部で5つあり、100 年前にイギリス軍によって鎮圧された時、2つは埋められた。今、残る2つを子供たちに発掘させているのだ」と言う。

インディはカーリの血を飲まされ、ウィリーが生け贄にされようとしても、空ろな表情をしている。ショーティは松明でインディを刺激する。正気を取りもどしたインディは反撃に出る。子供たちは逃げ出し、インディ、ウィリー、ショーティはトロッコで脱出をはかった。

モラ・ラムが貯水タンクを破壊したので、奔流に襲われ、あやうく難を逃れる3人。吊り橋で、インディとモラ・ラムは対決した。モラ・ラムは川に落ち、ワニの餌食になった。インディら3人が無事にメイアプールの村に戻ると、 以下略

|

« 七人の侍 ★★★★★★ Shichinin no samurai (1954) | トップページ | スクール・オブ・ロック ★★★★★ The School of Rock (2003) »

★★★★  26 作」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202795/14981988

この記事へのトラックバック一覧です: インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説  ★★★★★ Indiana Jones and the Temple of Doom (1984):

« 七人の侍 ★★★★★★ Shichinin no samurai (1954) | トップページ | スクール・オブ・ロック ★★★★★ The School of Rock (2003) »