« タンポポ ★★★★ Tampopo (1985) | トップページ | HANA-BI ★★★★★ Hana-bi (1997) »

カリオストロの城 ★★★★★ Rupan sansei: Kariosutoro no shiro (1979)

IMDb
jmdb
goo映画
DISCAS
DMM
みんなのシネマレビュー

監督:宮崎駿
出演者:山田康雄、 小林清志、 増山江威子、 井上真樹夫、 納谷悟朗、 島本須美、 石田太郎、 永井一郎
収録時間:100分
レンタル開始日:2002-02-18

Story
宮崎駿監督による初の劇場版アニメ作品。ヨーロッパの小国・カリオストロ公国を舞台に、おなじみルパンが伯爵に幽閉されていた大公家の娘・クラリスと出会い、城の地下のニセ札を巡って、仲間と共に激闘を繰り広げる。 (詳細はこちら

メモ 宮崎駿作品では相変わらずこれが一番好きだ。ワクワクさせるというのは素晴らしい。テレビ版のファーストシリーズとトータルで評価したい。泣かせはないが、ニヤリとさせて感動させる。

英語音声だと「ルパン」のことを「ウルフ」と呼んでいた。モーリス・ルブランの版権関係あるのか。そしてIMDbにルパンと出ているというのはRupinじゃないから良いのか。


あらすじ(goo映画)

人口三千五百、世界一ちっぽけなカリオストロ公国の田舎道をボロ車でドライブしていたルパンと次元はクラリスという美女を助けた。彼女はカリオストロ公国・大公家に残された最後の娘で、カリオストロ伯爵は彼女を強制的に妻に迎え、公国の権力をひとり占めにしようと狙っていた。

クラリスはルパンに助けられたが、再度捕えられてしまう。召使いとして城内に忍び込んでいた不二子の手引きで、彼女の閉じこめられている塔に潜入、彼女を連れて逃げ出そうとすると、床が開いて地下室へ落下。

不二子が裏切ったのだ。排水口から脱走するが、辿りついたところは、地下の造幣工場。金を必要としている世界の権力者のためのニセ札の製造だ。これが、四百年もの間、カリオストロ公国が大国から侵略も受けずにこられた秘密。ルパンは放火魔に変身、城は火の海となった。

しかし、いったんは奪還したクラリスがまたして、捕まってしまい、カリオストロと彼女の結婚式が行なわれようとしていた。伯爵の企みは成功するかに見えたが、大司教になりすましたルパンが二人の前に立ちはだかり、以下略

10m_66

|

« タンポポ ★★★★ Tampopo (1985) | トップページ | HANA-BI ★★★★★ Hana-bi (1997) »

★★★★★ 15 作」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202795/14682837

この記事へのトラックバック一覧です: カリオストロの城 ★★★★★ Rupan sansei: Kariosutoro no shiro (1979):

« タンポポ ★★★★ Tampopo (1985) | トップページ | HANA-BI ★★★★★ Hana-bi (1997) »