« どですかでん ★★★ Dodesukaden (1970) | トップページ | バッファロー’66 ★★ Buffalo '66 (1998) »

息子 ★★ Musuko (1991)

jmdb
goo映画
DISCAS
みんなのシネマレビュー

監督:山田洋次
出演者:三國連太郎、 永瀬正敏、 和久井映見、 田中隆三
収録時間:121分
レンタル開始日:2005-05-28

Story
椎名誠原作の「倉庫作業員」をベースに、山田洋次が監督・脚本を手掛けたドラマ。妻に先立たれた昭男は、東京で気ままに暮らす息子・哲夫のことが気がかりでしかたない。そんな哲夫が働き先でろうあ者の娘に激しい恋をするのだが…。 (詳細はこちら

メモ 三國連太郎は控えめにしている。しかし良い映画だ。山田洋次監督はこういう風にロウポイントを作らないパターンもある。遙かなる山の呼び声★★とか幸せの黄色いハンカチ★★はロウポイント(決断の時)とは違うが、盛り上げをはっきり作っている。

あらすじ(goo映画)

東京・新宿の居酒屋でアルバイト生活を送る哲夫のもとへ、ある日、父・昭男から電話がかかってきた。「母親の一周忌だから帰って来い」という昭男の言葉に重たげに受話器を置く哲夫。数日後、浅野家の法事が行われている岩手の田舎にアロハシャツにジーンズ姿で駆け込む哲夫は、親族が集まる中で居心地悪そうに席につく。

その夜、久びさににぎわう浅野家では、東京でサラリーマン生活を送る長男・忠司夫婦が、昭男の今後の生活について心配していた。そして翌日、それぞれに自分たちの生活に帰っていく子供たち。そんな中でひとり居残る哲夫だったが、東京でのフラフラした生活を父にたしなめられ、お互いの心の溝を深めるばかりであった。

東京に戻った哲夫は、仕事を変えて下町の鉄工場で働くことになる。肉体労働のきつい仕事に半ば諦めかけていた哲夫の前に、取引先の倉庫で働く征子という女性が現れ、それによって哲夫の仕事は意外に長続きするようになる。

しかし、哲夫と征子の間柄はいっこうに進展を見せず、毎日会っても微笑むばかりの征子にもどかしさを感じた哲夫は、その想いを手紙に書いて征子に渡す。そんなある日、いつものように倉庫に出向いた哲夫は、そこで征子の先輩の女工から、彼女がろうあ者だと聞かされ衝撃を受けるのだった。

そして夏が終わり冬になった。戦友会に出席する為に昭男は上京して、忠司が東京近郊に買ったばかりのマンションを訪れる。忠司夫妻は昭男に、「このマンションの奥の六畳間に父の部屋を用意したから、ここで一緒に暮らそう」と言う。そんな忠司の誘いをかたくなに断った昭男は、岩手への帰り際に哲夫のアパートを訪ねた。

哲夫が落ち着いて仕事をしていると聞いて安心する昭男。そして哲夫は、「結婚したい女性がいる」と昭男に征子を紹介するのだった。前にも増して美しくなった征子を前にドギマギする昭男は、彼女と一所懸命言葉を交わし、手話やファクシミリでやりとりしているふたりを見ながら、不思議に身体の芯から暖まるような安らぎを感じるのだった。

征子の帰ったアパートで哲夫は、昭男の歌を初めて聞く。それは美しい歌ではなかったが、父の真のうれしさがこもっていた。そして哲夫の結婚を心から喜ぶ昭男は、東京で買ったファクシミリを持って雪の降り積もる岩手の以下略

|

« どですかでん ★★★ Dodesukaden (1970) | トップページ | バッファロー’66 ★★ Buffalo '66 (1998) »

★★   1640 作」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202795/13947178

この記事へのトラックバック一覧です: 息子 ★★ Musuko (1991):

« どですかでん ★★★ Dodesukaden (1970) | トップページ | バッファロー’66 ★★ Buffalo '66 (1998) »