« ウォーターワールド ★★ Waterworld (1995) | トップページ | 鷲と鷹 ★★ Washi to taka (1957) »

バイバイ、ママ ★★ Loverboy (2005)

バイバイママ だと思っていた。
IMDb
goo映画
DISCAS
みんなのシネマレビュー

監督:ケヴィン・ベーコン
出演者:キラ・セジウィック、 マット・ディロン、 サンドラ・ブロック、 マリサ・トメイ、 ケヴィン・ベーコン
収録時間:86分
レンタル開始日:2006-08-25

Story
キラ・セジウィック主演、ケヴィン・ベーコンの劇場長編初監督作。“子供依存症”の母親と、好奇心あふれる息子との葛藤を描く。孤独な少女時代を過ごしたエミリーは、自分の子供だけに愛情を注ごうと決意し、自らシングルマザーとなる。R-15作品。 (詳細はこちら

メモ 英語字幕なし。主役のキラ・セジウィック(1965)という女優さん(監督のケヴィンベーコンの奥さん)だが異様にうまい。

「アカデミー賞ものの演技」というのは本作のセジウィックのことだと思う。Wの悲劇の三田佳子を連想する。

ただしIMDbを見る限り特に演技賞にはノミネートすらされていないようだ。

あらすじ(goo映画)

70年代、親の愛を十分に得られずに孤立感を味わって育ったエミリー。大人になり両親の遺産で暮らすエミリーは、自分が思いきり愛情を注げられる子どもを欲しいと願うようになる。一夜を共にした男から、ようやく子どもを宿したエミリーは、生まれた子どもポールに自分のすべての愛情を注ぎ、溺愛する。

しかし成長したポールは、やがて他の子どもたちと遊びたがり、また学校にも行きたがるようになる。それまでの2人だけの世界が崩れていくのを感じるエミリー。そして彼女がとった行動は…。

10m_12
Thmattdillon_grani_8883827_400
Thkyrasedgwi_grani_12515176_400
48m_8
12mjpg_28

|

« ウォーターワールド ★★ Waterworld (1995) | トップページ | 鷲と鷹 ★★ Washi to taka (1957) »

★★   1640 作」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202795/13908519

この記事へのトラックバック一覧です: バイバイ、ママ ★★ Loverboy (2005):

« ウォーターワールド ★★ Waterworld (1995) | トップページ | 鷲と鷹 ★★ Washi to taka (1957) »